最新情報・コラム

column

発達障害グレーゾーンでも支援が必要な子ども達がいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害グレーゾーンの子ども達は、
発達障害の特徴がありながらも診断基準は満たさない状態です。

発達障害による特性は、小さい子どもなら誰しも
持ち合わせているようなものが多く、
定型発達とグレーゾーンの明確な線引きはないので
支援が必要でも受けられていない子ども達も多くいます。

しかし、困難を感じているのであれば支援は必要ということなので、
支援を必要としている子ども達が支援を受けられるような
社会作りが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「うつ伏せレスキュー隊」をご紹介します。
縄を床にまっすぐにして置いたら、
子どもは縄の端にうつ伏せになり、両手で縄を握ります。
手にぐっと力を入れて身体を引き寄せるようにして進んでいきます。
慣れるまでは足の力も使って構いません。
慣れてきたら両足はまっすぐに伸ばしたまま行なうようにしましょう。

うまく進めない子は、縄をしっかり握った状態で
指導者が進行方向に引っ張ってあげるようにします。
これでも腕の引き付ける力を養うことができるので、
子どもの段階に応じて行なってください。
また、慣れてきたらうつ伏せではなく仰向けのレスキュー隊にも
チャレンジしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る