最新情報・コラム

column

早い時期からボールを投げる動作も身につけていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今の子ども達が苦手としている動きとして、ボールを投げる動作があります。

これは、小さい頃から経験しておくことが必要な動きです。

室内でボールを投げることはできないし、ボールはつかみにくかったりするので、

ぜひビニール袋に新聞紙などを詰めてボールを作ってみてください。

ビニール袋のボールだと片手でつかみやすく落ちにくいので、おすすめです。

 

それをつかんで、まずは下に向かって投げてみます。

下に向かって投げることができたら、次は上に向かって投げます。

これで、つかむ→脇を上げて振りかぶる動きを練習してみましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る