最新情報・コラム

column

握力や懸垂力を養う「魚釣り」遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「魚釣り」をご紹介します。

子どもは床にうつ伏せになり、胸までしっかりつけ、
両手は上げてバンザイのようにして、ワニさんに変身します。
ロープのはじを結んで、小さな輪っかを作っておきます。
子どもはうつ伏せのまま、両手でロープの輪っかに手を入れてしっかり握ります。
そしたらロープの反対側を指導者が持ち、
そのまま後ろ歩きで引きずっていきます。

最初はゆっくりまっすぐに引っ張り、徐々にカーブを入れたり
速めのスピードで引っ張ったりしてみましょう。

ロープから手が離れないようにしっかり手に力を入れて握り、
顔を上げて腹筋や背筋に力を入れておくことがポイントです。
腹筋背筋に力を入れていないと、カーブになった時に体が左右に倒れてしまいます。

楽しく体を動かして、腕や体幹の力を強く育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る