最新情報・コラム

column

集中力の保持時間を伸ばしていきましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、五感からの刺激をコントロールできず、

集中して課題を行うことがとても困難です。

刺激を少なくする環境設定はもちろん大切ですが、

集中する時間が少しでも長くなるようにトレーニングしていきましょう。

 

今日は「反復横跳びでフープまたぎ」のご紹介です。

床にフープをいくつかつなげて置き、

フープを踏まないように、反復横跳びでまたいで進みます。

集中力と、判断力、抑制力を使いながら行うことが必要になります。

最初は集中できる時間が短いと思うので、

少ない数のフープで行い、少しずつ数を増やしてみましょう。

 

反復横跳びが苦手な子はフープなしで練習したり、

できない子は走って渡っていっても良いです。

フープをまたぐことは、子どもにとってとても難しいことなので、

慌てずゆっくりでいいので挑戦してみましょう。

 

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る