最新情報・コラム

column

「うつ伏せレスキュー隊」で引き付け力を育てます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

腕を引き付ける力も、今の子ども達に不足している力の1つです。

運動遊びの時間に積極的に育てていきましょう。

「うつ伏せレスキュー隊」では、力の発達に差があっても、

1人1人に合わせたレベルで行なうことができます。

うつ伏せになって縄を両手で握って足をまっすぐ伸ばしたら、

手を片方ずつ引き寄せながら進んでいきますが、

手の力だけで進めない子は足も使って進んでみます。

それでも力が足りなくて進めない子は、

縄を両手でつかんでいる状態で指導者が縄を引っ張ります。

子どもは縄をしっかりつかんで引きずられている状態です。

あまり強く引っ張ったりすると怪我の原因になるので注意します。

 

うまくできないことでつまらなくなってしまわないように、

それぞれに合った動きの提案で楽しく活動していきましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る