最新情報・コラム

column

発達障害の特性は成長と共に変化し、それに応じた対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症、ADHDなど発達障害の特性は、
子どもの成長とともに変化していきます。
病気と違って、治療によって完治させることはできませんが
環境調整や周囲の支援、適切な療育によって
適応力を上げたり、症状の改善につなげることができます。

また、子どもが自分自身の特性とうまく付き合っていけるように
良い方法を見つけていくことも大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「カンガルーリレー」をご紹介します。
子ども達は両足をくっつけてジャンプするカンガルーで
リレーを行ないます。

速く進みたくて途中で走ってしまう子が出てきますが、
ルールを守って行なうことが大切なので、
最後までカンガルーの姿勢を維持するように促します。
このカンガルーの姿勢を維持することが
抑制力を育て、感情のコントロール力につながります。

ただ、あまり指摘すると楽しく行なうことができなく
なってしまうことがあるので、
子どもに合わせた方法で遊んでいくようにします。

そして、競争なので勝ち負けがついてきます。
発達障害の子ども達の中には勝つことにこだわりがあり、
負けるとかんしゃくを起こしてしまう子もいます。
無理に競争に参加させることはせずに気持ちに寄り添い、
代替行動の提案などで少しずつ柔軟な思考を
身につけていけるように支援していくことが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る