最新情報・コラム

column

自閉症児への指示は端的に具体的にはっきりと行ないます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症児への声掛けや指示は、曖昧にならないように
具体的に、そしてわかりやすく端的に伝えることが大切です。
もう少し待ってね→「あと3分待ってね」
そろそろ終わりです→「あと5回やったら終わりです」
それはしない方が良いよ→「〇〇してはいけません」
おもちゃを片付けて→「おもちゃをおもちゃ箱に入れて」
など回数や時間、場所などを明確にし、
やってはいけないことははっきりいけないと伝えます。

療育によって次第に理解力が高まり、適応できるようになってきます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「陸上バタフライ」をご紹介します。
子ども達は、腕を広げても周りの友達とぶつからないように
間隔を空けておきます。
そして、腕を大きく回してその場でジャンプをします。
腕は伸ばして回し、両足は閉じて大きくジャンプをするようにします。

腕を回しながら跳ぶという動きは、
上半身と下半身で別々の動きをするので
慣れるまでは難しいことがありますが、
できるようになると短縄跳びの上達につながります。
腕回しとジャンプのタイミングが合うように、
ゆっくり大きな動きで練習してみてください。

短縄跳びは複雑で難しいので、最初は縄を使わずに
動きを分解して、少しずつ練習していくようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る