最新情報・コラム

column

集中力や判断力、抑制力を養う「足きりごっこ」で楽しく遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「足きりごっこ」をご紹介します。

床には幅のある2本の横線を引き、子ども達にはその中に入ってもらいます。
正面を向いたら、2人の指導者は大縄の両端をそれぞれ持ち、
子ども達の足元をすくうように動かします。
子どもは、縄が足元にきたら引っ掛からないようにジャンプします。
その時に、線からはみ出さないように気をつけましょう。

縄がくるタイミングに合わせてジャンプすること、
線から出ないようにジャンプすることに気をつけて、繰り返し行ないます。
前からだけでなく後ろからも縄が来るようにしたり、
1回1回の速さを速くして連続ジャンプができるようにしたりしながら、
集中力や判断力を強く養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る