最新情報・コラム

column

「手押し車でじゃんけん」で腕や体幹を強く育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「手押し車でじゃんけん」をご紹介します。

手足車のペアは、体格が同じくらいの子をペアにします。
まず前の子は片足クマの姿勢になり、
後ろの子は前の子の足の膝か太ももあたりをしっかり持ちます。
そして、2人で息を合わせてゆっくり歩いていきます。

前の子はお尻を上げるイメージで体が反らないように、
前を向いて歩きます。
後ろの子はしっかり前の子の動きを見てペースを合わせて歩きます。

途中で指導者が声を掛けるので、合図があったら一番近くのペアと
手押し車の前の子同士でじゃんけんをします。
手押し車のままじゃんけんをするには、片手だけで体重を支えなければいけないので、
腕の支持力が強く刺激されます。
そして、そのときにも体が反ったりすると、後ろの子が足を落としやすいので
しっかり腹筋背筋に力を入れて体をまっすぐにしておかなければいけません。
さらにその状態で相手とタイミングを合わせてじゃんけんをするので、
なかなか高度な遊びです。

日ごろの取り組みで基礎的な力を身に付け、できる遊びをどんどん増やしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る