最新情報・コラム

column

発達障害でのこだわり行動は適切な方法で改善していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)がある場合、
何らかのこだわり行動が見られます。
おもちゃの並び順はいつも同じにしなければ気が済まなかったり、
一度決めたルールは必ず守ろうとするので、
いつも通る道が工事中で通れなくても通ろうとする、
家を出る前は必ずトイレに行くので、
行ったばかりでももう一度行くなどのこだわり行動も見られます。

忙しい日常生活の中では様々な支障をきたしますが、
無理にやめさせようとするとパニックやかんしゃくを起こし、
逆効果なので少しずつ臨機応変さを学べるようにしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「なぞなぞ大縄」をご紹介します。
1人ずつ大縄を跳びながら、なぞなぞに答えてみます。

大縄を跳びながら、相手の話を聞いて理解し答えを考えることは
想像以上に難しく、どちらかがおろそかになりがちです。
体と頭を同時に動かすことはとても脳を活性化させるので、
簡単なものからだんだん難しいものまで、
少しずつ挑戦して遊んでみてください。

これによって前頭前野が鍛えられると、前頭前野の働きの1つである
臨機応変に対応する能力も向上していきます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る