最新情報・コラム

column

不注意が優位のADHDは気付かれにくいので注意が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDというと、専門的な知識のない多くの人は
「やんちゃで落ち着きがない乱暴な男の子」といった
イメージを持っていると思います。
しかしADHDの特徴である「不注意」「多動性」「衝動性」は
全てが強く現れるわけではなく、特に女の子のADHDでは
「不注意」だけが目立つことが多いので見過ごされやすくなります。

発達障害だと診断されないままだと、自分の不注意さに落ち込み、
二次障害を患ってしまうこともあるので注意が必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する
運動療育プログラムから「さるのカップキック」をご紹介します。
まず鉄棒にぶら下がって、おさるさんに変身します。

指導者は赤と青などのカップを持ち、
どっちの色のカップをキックするかを伝え、
子どものお腹くらいの高さにカップを出します。
子どもは指示された色のカップをキックします。
両足を揃えてキックできれば一番良いですが、
最初は片足キックでも構いません。

カップをキックする時に、肘が伸びた姿勢だと
体を左右に振ることができないので
カップの位置に正確にキックを出すことができません。
脇を締めて、肘を曲げた状態でぶら下がることができるように
おさるさんやりんごぶら下がりなどをたくさん遊びこんでおきましょう。

また、慣れてきたら「赤→赤→青」などの順番を先に伝え、
記憶力を刺激する遊び方も良いと思います。
腕に力を入れてぶら下がっている状態で頭を使うことが、
前頭前野をより活発に働かせてくれます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る