最新情報・コラム

column

早期のニーズに合った療育が将来の幅を広げます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

2016年に改正が行われた発達障害者支援法では、
発達障害の早期発見と早期の発達支援の重要性を
強調しています。

早い段階から子どもに合わせた支援が行われれば
子どもの持っている能力や良さを伸ばしやすくなり、
それぞれの困り感にも早く対応できます。
また、できることが増えたりスムーズに生活が
送れるようになれば、自信や自己肯定感の低下を防ぎ
二次障害の予防をすることにもつながります。

また、療育の効果を高めるためには
1人1人の興味関心事に合わせた活動も大切です。
やはり好奇心が全ての学びの基礎になるので、
そこから少しずつ発展させていくことで
世界が広がる楽しさを感じながら力を伸ばしていければ
とても良いと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「サルクレーン車」をご紹介します。

子どもは鉄棒にぶら下がり、鉄棒の下に置いてある物を
両足で挟んで持ち上げ、前に設置したカゴの中に入れるか、
指導者に足で渡します。
挟む物は、ぬいぐるみやゴムボールなど
挟みやすい物から始めていきましょう。

この遊びは、腕の懸垂力、腹筋や太ももの筋力、
足の指先の力をしっかりと養える遊びです。
より強く発達を促すために、挟む物を変えたり
挟んだ物を渡す位置を少しずつ高くするなど
1人1人に合わせた方法でレベルアップを目指して
遊んでいきます。

これらの力は、主に逆上がりにつながる力になりますが、
普段の生活での姿勢保持などにも役立ちます。
遊びの要素を盛り込んだ楽しめる活動の中で、
子ども達の成長発達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る