最新情報・コラム

column

「ジグザグスキップ」で巧緻性を高めていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ジグザグスキップ」をご紹介します。

床にジグザグコースを作っておき、そのコースの中をスキップで進みます。

スキップは、腕振りとジャンプのタイミングが合わないと

うまく進めないので、常にリズムを考えることが必要になる動きです。

その状態でジグザグのコースを進むので、さらに方向転換の動きもプラスされ、

とても頭を使う遊びになります。

方向転換をするには、上半身をひねってから下半身を連動させていきますが、

スキップでは片足の状態でこれを行なうので、巧緻性の部分が養われます。

 

少し難易度の高い遊びなので、まずはスキップを確実にできるようにしてから

取り入れていき、スモールステップを心がけましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る