最新情報・コラム

column

人をよく見て動く「電車一列歩き」で社会性の発達を促します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「電車一列歩き」をご紹介します。

子ども達は縦に1列に並び、電車になって歩きます。
電車をイメージして、腕は車輪のようにぐるぐる回しながら
前の人について歩いていきます。

前の人と一定の距離を保つこともポイントなので、
ぶつかったり、追い越してしまったり、
間隔が空きすぎてしまわないように、前の人をよく見ながら歩きます。

人のペースに合わせて動くことで、社会性の発達や、
距離感をつかむ空間認知力や集中力、抑制力なども育ちます。
慣れてきたらジグザグに動いてみたり、途中で止まったりと、
少し難易度を上げて動くことにも挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る