最新情報・コラム

column

支持力や体幹を強くする「線路で4方向のウシガエル」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

縄などで、線路に見立てたものを作っておきます。
まず足を横に開いてしゃがんだら、両手は線路の中につきます。
しっかり手をパーに開いてつき、顔は上げて前を見るようにします。
そして、両足一緒に線路の右側にジャンプします。
次は線路の左側に両足でジャンプし、次は最初の位置にジャンプで戻ります。
そして最後に足を開いたまま前にジャンプして1セットです。
手の位置は動かさずに行ない、最後のジャンプでは足が手よりも前にくるようにしましょう。

この動きを繰り返し行なうことで身体コントロール力が向上します。
リズムよく、素早く動くことができるように練習してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る