最新情報・コラム

column

動きの切り替え力や先を読む力を養う「ゆりかごからロケットジャンプ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ゆりかごからロケットジャンプ」をご紹介します。

床に仰向けになり、膝を曲げて足を上げたら、
ゆりかごのように体を前後に揺らします。
手足を振って大きく振ってしっかり反動をつけたら、
その勢いで一気に起き上がり、しゃがんだ姿勢になります。
そしてそのまま上に大きくジャンプします。
ジャンプする時は両手を頭の上で合わせ、足も閉じます。

この一連の流れがスムーズにできるように繰り返し行います。
手足を大きく動かしてしっかり反動をつけ、
その反動を活かして体の動きをコントロールすることや、
先を見通して次の動きへ切り替える力、上半身と下半身を連動させる力がつきます。

そして体の軸をまっすぐに保ち、バランスをとる力も身につきます。
体のバランスをとるのに必要な基礎筋力は、日々の継続的な取り組みによって育ちます。
楽しく遊びながら力をつけていけるように、工夫した取り組みで
子ども達の発達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る