発達障害の子ども達には褒めることと成功体験が育ちを促進させます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

育児では子どもを褒めることがとても重要な要素になりますが、
発達障害を持つ子ども達にとっても「褒められる」体験が
何より大事なポイントになります。
褒められることで自信になり、次へのやる気につながります。

そして、それと同様に成功体験もできるだけ多く積み重ねていけるように
工夫していくことが必要です。
子どもによって褒め方や、チャレンジできるハードルの高さなど
個々に違うので、その子に合った方法で療育を提供していくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「反復横跳び移動」をご紹介します。

スタートラインから少し離れたところにコーンを置いておきます。
子どもは反復横跳びの動きで進み、コーンの位置で折り返して
戻ってきます。
コーンを曲がる時にリズムやバランスを崩しやすいので、
その場合はゆっくり曲がるように声掛けをします。

慣れてきたら制限時間内に戻ってこれるようにします。
制限時間があることで、ある程度のスピードで進みながら
方向転換をする時にもリズムやバランスを崩さないように意識を集中させ、
空間認知力を使って身体を動かす必要があります。
下半身の筋力アップやリズム感などが養われ、一度に複数のことに意識を
向ける力や時間の感覚を育てることにもつながってきます。

スムーズにできるようになったら、リレー形式で遊ぶと盛り上がり、
協調性が養われたり順番を守る、友達がやっているのを見る、など
社会性の発達にもつながるので、ぜひ子ども達の様子に合わせて
取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る