最新情報・コラム

column

発達障害児支援では周囲の理解、早期療育が肝です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害児支援で最も大切なことは、早期療育です。
一昔前に比べて診断技術も支援体制も充実してきています。
大事なことは、両親や周囲の大人が子どもの発達障害の特性について
理解を深め、個性を伸ばしながら、社会性生活において
必要な力をつけていけるように促すことです。
こどもプラスの放課後等デイサービスでも支援を広げていきましょう。

運動療育プログラムの「焼いもごろごろでピン倒し」をご紹介します。
子ども達は2人ペアになり、向かい合って寝転び「焼いも」になります。
頭の上に伸ばした両手は、ペアの友達としっかりつないでおきます。
そして2人で息を合わせて転がっていき、置いてあるピンを倒します。

お互いに相手に動きを合わせるようにしなければ、
手が外れてしまったり、コースが曲がっていってしまい
うまくピンを倒すことができません。
自分のペースで進むのではなく、相手に合わせることを学べるようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る