最新情報・コラム

column

大人の足を渡るクマさんで空間認知を育て体のコントロール力を上げていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「足を渡る障害物クマ」をご紹介します。

大人が足を開いて座り、子どもはその足に当たらないように

クマ歩きで渡っていく遊びです。

1回渡るだけでなく、何度も行ったり来たりして遊んでみましょう。

 

足に当たらないようにするために、手足をどう動かせば良いかを判断する

空間認知力が養われるので、速く進むことではなく正確に進むことを意識します。

体の動きをスムーズにすることにつながるので、

障害物を使った遊びで空間認知をしっかりと育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る