最新情報・コラム

column

平均台の途中でじゃんけん!放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子供の成長を促すためには、大人の声掛けが大きな意味を持ちます。
がんばって何かをやったのに否定的なことを言われたら、
子供はやる気をなくし、自己肯定感も育ちません。
がんばった姿はしっかり褒めて、間違ってしまっても責めることのないように、
ルールはしっかり守りながら、楽しく運動遊びができれば良いと思います。

今日は平均台の途中でじゃんけんをするゲームのご紹介です。
平均台の両端から2人の子供が歩いてきて、
真ん中でじゃんけんをします。
落ちないようにバランスをとりながら、
じゃんけんで出す手を考えて判断しながら遊ぶので、
バランス感覚や考える力の発達が促されます。

慣れてきたら、平均台に縄のへびを掛けておいて、
踏まないように(起こさないように)やってみるのも
子供たちはおもしろく取り組めるのでおすすめです。
子供が楽しくできるように、いろいろ工夫をしてみましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る