最新情報・コラム

column

「イメージ縄跳び」で動きながら考える能力を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「イメージ縄跳び」をご紹介します。

まずは通常の大縄跳びの要領で、回っている縄の中に入り跳びます。

そしたら、子どもに質問を出して答えてもらいます。

大縄跳びが跳べることが前提になるので、

苦手な子にはあまり考えなくても答えられる問題にし、

得意な子には少し考えることが必要な問題を考えて出していきましょう。

 

一定のリズムで動きながらも、与えられた語彙からイメージして

頭の中で答えを見つけ出すことが前頭前野を活性化させます。

1人で行なうことができたら、2人や3人でもチャレンジしてみましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る