最新情報・コラム

column

体重移動がうまくなると静止することも上達します。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「アヒルダッシュ」で、
普段は意識して動かすことのない太ももの付け根から足を動かすことをしてみましょう。

膝を開いてしゃがんだアヒルさんの姿勢で、まずは歩くことができたら走ってみます。
走るためには歩く時よりも大きく足を動かさなければいけません。
太ももの付け根からしっかり動かせるようにしましょう。

速く進もうとすると中腰になってしまいがちです。
それを我慢してアヒルの姿勢を保つことで抑制力も身に付きます。
そして、アヒル歩きではつま先歩きで足の親指の力もつき、
強いバランス感覚が養われるので体重移動が上手になり、静止する動作も上達します。

子ども達にとって動くことよりも止まることの方が難しいので、
遊びの中で力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る