最新情報・コラム

column

一連の動きの連動で先を見通す力を育てます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、先を見通した行動や考え方が苦手です。

運動療育プログラムを行う中で、力の発達を促していきましょう。

 

「ゆりかごからロケットジャンプ」という遊びがあります。

仰向けに寝転がって膝を曲げて背中を丸めて前後に揺れて、

反動をつけたら一気に起き上がりそのままロケットジャンプをします。

ゆりかごから起き上がったときにしゃがみ姿勢になり、

足の指先にしっかり力を入れて大きくジャンプしてみましょう。

一連の動きを理解していなかったり、次の動きをイメージしていないと

流れるように行なうことができません。

繰り返し行い、スムーズに動けるようにしましょう。

 

先を見通した動きができることは、運動でも日常生活でも

とても役立つ力になるので積極的に育てていきましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る