最新情報・コラム

column

学習障害も早期の療育で困難を改善していく必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

学習障害(LD)は特定の分野の能力だけに障害があるので、
通級の形で特別支援学級に通って指導を受ける場合が多くなります。
早期にそうした対応をとっていくことで
発達の凹凸を少なくしたり、困難さを軽減する方法を
見つけていくことができます。

また、学校以外での療育活動もとても大切です。
こどもプラスの放課後等デイサービスでは
学習だけでなく様々な面での支援を大切にしています。

教室で提供している運動療育プログラムから
「忍者の平均台渡り」をご紹介します。
平均台の上を忍者のようにつま先歩きで、
静かにゆっくり渡っていきます。
速く歩くことよりも音を立てずに静かに歩くことを意識します。

高さのある狭い場所を歩くので、落ちないように
下ばかり見てしまう子がいます。
下ばかりを見ているとかえって体が不安定になり
バランスを崩しやすいので、
目線は足元と数メートル先の両方に向けながら歩くように促します。

バランス力や集中力、身体コントロール力、
空間認知力などが育つ遊びです。
苦手な子には難易度を調節したり補助についたりしながら、
無理なく遊びに取り組めるようにしてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る