最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達は成長と共に自分のできない部分に悩み始めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LDなど発達障害を持つ子ども達は、
成長するにつれて「自分はできないことが多い」
「他の人と同じようにできない」と感じはじめます。
また、対人関係や学習面、生活面などでうまくいかないことが
重なっていくと次第に自信を失い、自己肯定感が低くなってしまいます。

だからこそ、褒めることがとても大切になります。
できないことを見つけるのは簡単ですが、良い方向にはつながりません。
子ども自身も、自分のできないことにばかり目を向けてしまいがちなので、
良いところをたくさん見つけて褒めたり、
少しだけでもできたところを褒めてあげることが大切です。

療育の効果を高め、子ども達を良い方向へ導いていけるように
1つ1つの活動や声掛けを大事にしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「方向ジャンプゲーム」をご紹介します。

指導者が「前」「後ろ」「右」「左」と方向を指示し、
子どもは指示された方向に両足を閉じたジャンプで跳びます。
最初から4方向だと難しいことがあるので、慣れるまでは「前と「後ろ」
の2方向だけにして、一定のリズムで指示を出すようにします。

この遊びでは、指導者の声を聞くための集中力、判断力や方向の認識力が育ちます。
方向の認識は、普段の生活の中でも少し意識するだけで
育てていくことができます。
少しずつ取り入れながら、遊びでも強化していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る