最新情報・コラム

column

発達障害児の将来の自立を考えた支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもに障害があると、つい身の回りの世話などを
どんどんやってあげたり、何でも決めてしまいがちですが、
いつまでもそうしていると子どもの力は育ちません。
その子のできる範囲で、自分で考えて決めることを増やし、
判断力や意欲などを育てていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「方向ジャンプ」をご紹介します。

まずは、足を閉じた状態での腕振りジャンプを
指導者の手拍子に合わせて練習します。
その場での両足を揃えた連続ジャンプができたら、
次は指示された方向にジャンプします。
最初に立った場所を基点として、前後左右にジャンプを
してみましょう。

まずは前後だけの指示で「前・後ろ・前・後ろ」や
「前・前・後ろ」などの指示に合わせて動き、
次第にランダムにしたり、スピードを上げて挑戦していきます。
前後に慣れたら、左右の動きもプラスしていきます。

できそうなら、ジャンプの前に「右、前、後ろ」と順番を覚えてから
リズムに合わせて動くやり方にも挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る