最新情報・コラム

column

どの発達障害でも早期の対応や療育が将来のために必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人間の基礎の部分は、幼児期に形成されます。
つまり、保育園や幼稚園の時期というのは最も重要で、
この時期がその子の将来を大きく左右するといっても
過言ではありません。

子どもの発達について気になることがあった時、
「様子を見よう」「個性的なだけ」「人より少し遅いだけ」
「小学校に上がれば何とかなるだろう」と先送りせず、
子どもの将来のために早めに行動することが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「のれんくぐりクマ」をご紹介します。
鉄棒にマットをかけて、布団干しのようにした物を
2つか3つ用意しておきます。
子どもはクマの姿勢になり、
頭でマット(のれん)を押しながらくぐっていきます。
次のマットに移動する時は、頭を上げて前を見て進み、
くぐる時は再度顎を引いて頭で押して進んでいきます。

マットをくぐる時、頭のどの位置で押すかがポイントで、
額に近い位置で押すと進みにくいですが、
頭頂部に近い部分で押すと進みやすくなります。

また、足の指先にしっかり力を入れて進むことで
地面を蹴る力が育ち、速く走れるようにもなります。
なれないうちは膝をついた犬歩きでも良いですが、
少しずつ膝を上げてつま先でしっかり地面を蹴ることが
できるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る