最新情報・コラム

column

発達障害では適切な支援によって持っている能力を引き出すことができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHD、LDなど発達障害では、適切な支援がないと
能力が十分に発揮できず、日常生活や学習面での困難が
多かったり、将来的には就職などでも苦労をすることがあります。

できるだけ早期に療育をスタートさせておくことで
子どもの自尊感情を傷つけることなく、
生活力や学力の向上を目指すことができます。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「電車歩き」とそのアレンジをご紹介します。
まず子ども達は、指導者の後ろについて一列に並びます。
前の友達と少し間を空けてぶつからないようにしながら歩きます。
その時、両腕は電車の車輪のように体の横で回しながら歩きます。

前の友達との距離を一定に保ちながら動くことで、
社会性や集中力、空間認知力が養われます。

同じように歩くだけではなく、
途中から後ろ向きで歩いたり、8の字を描くように歩いたり、
障害物をくぐる、動く→止まるを繰り返すなど
子ども達に合ったアレンジでたくさん遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る