最新情報・コラム

column

早期療育で生活がしやすくなり自信もつけられます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達の遅れが気になる子ども達には、
何といっても早期の療育が大切です。
言葉の遅れがある自閉症でも、小さいうちから適切に
療育を受けていくことで、生活の中で不自由なく
会話をしたり意思の疎通ができるようになってきます。
また、先生や友達の話もよく聞けるようになったり、
自分に自信を持って行動ができるようにもなります。

一歩一歩着実に成長していくことで
日常生活や学習面でもできることが増え、
特別支援学級から通常学級に通えるようになることもあります。
子ども達の笑顔が増えるように、
毎日の療育活動を行なっていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「グーパー跳び」とそのアレンジをご紹介します。
まず、床には2本の線を引いて線路を作っておきます。
その線の中には、足を閉じて
両手は肘を曲げて胸につけたグーの姿勢で入り、
次は線の外側に足を開いてジャンプし、
両手はまっすぐ伸ばして広げたパーの姿勢で跳びます。
これを繰り返して進んでいくのが「グーパー跳び」です。

スムーズにできるようになったら少し難易度を上げて、
グーの時にしゃがみ、パーで大きなジャンプができるようにしたり、
パーの時に体を半回転させながらジャンプしてみたり、
横ジャンプをするような動きを混ぜていくと、
かなり体幹を強くしていくことができます。

あまり難しすぎないように気をつけながら、
いろいろな動きで遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る