最新情報・コラム

column

平均台遊びで視野を広げて動く練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今日ご紹介するのは2本の平均台を渡っていく遊びです。

2本の平均台を少し離して平行に置き、その上を歩いていきます。

狭い足場の上をバランスを崩さないように歩くために

つい足元ばかりを見てしまいがちですが、

そうするとかえってバランスを崩しやすくなってしまいます。

目線は、足元ばかりでなく数メートル先も見ながら進みましょう。

そうすることで視野を広げて動く練習になり、

サッカーのような広い視野で複数のものを見て判断しながら

動くような遊びも上達します。

 

平均台の高さでも、高さに慣れていない子は

怖さを感じて動けなくなってしまうことがあるので、

補助や高さ調節に気をつけたり、無理をさせないようにしましょう。

楽しく効果的な運動遊びで、春休みの貴重な時間を有効に使えると良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る