最新情報・コラム

column

「忍者カンガルーの縄越え」で全身の連動性を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

まず、子どものひざくらいの高さになるようにゴム紐を貼っておきます。

そのゴム紐の前に立ったら、両足をくっつけたカンガルージャンプで跳び越します。

ひざの高さまであることで、より強い空間認知力が養われ、跳躍力が育ちます。

そして、「忍者」なので音を立てない静かな着地を目指しましょう。

つま先に力を入れて、ひざを曲げて全身のクッションを上手に使うことを見本を見せて伝え、

つま先から足首、ひざ、腰、上半身へと連動性を高めていきます。

 

音を立てないことは子ども達には難易度が高いことですが、

少しずつ練習していくようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る