最新情報・コラム

column

子ども達の内面のケアも大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達はイライラを感じやすく、
それがパニックやかんしゃく、自傷行為や他害行為などの
問題行動の原因になってしまうことが多くあります。

イライラを感じやすいのは、脳の特性による感情コントロールの
苦手さに加えて、感覚過敏などでストレスが多いこと、
自律神経が崩れやすかったり疲れやすいこと、
自分の意思がうまく相手に伝わらないなどもどかしさなど
様々なことが背景としてあります。
また、学校生活では友達関係や学習面の悩みがあったり、
さらに今は制限の多い生活を強いられたり、
今までと違う状況下にあるのでそのイライラやストレスも
増大しがちだと思います。

まずは子ども達が安心して生活し、少しずつ自分のペースで
力をつけていけるように支援サポートが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「なぞなぞグーパー」をご紹介します。

子どもは一定のリズムでその場でグーパー跳びをします。
指導者がなぞなぞを出すので、そのままグーパー跳びを
しながらなぞなぞに答えます。

体を一定のリズムで動かしながら別の思考をするのは
難しく、答えを考えることに気を取られて
動きが途中で止まってしまいやすいので、
簡単な問題から始めていき、
集中力や判断力、記憶力、調整力などを高めていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る