最新情報・コラム

column

「合図で前転」で周りを意識する遊び。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が今後自立して、上手な人間関係を作りながら

社会で生きていけるようにするためには、社会性の発達が欠かせません。

良好な人間関係は、子どもにとっても大人にとっても重要なポイントです。

少しずつ社会性を身に付けていけるようにしてあげましょう。

 

 

今日ご紹介するのは、「合図で前転」遊びです。

前転ができるようになったら行う遊びです。

マットを何枚か並べて、端に子ども達を一列に並ばせます。

手をマットにつき、頭も下にしてマットにつけて前転の準備をします。

指導者の合図で、全員一斉に前転をしてみましょう。

指導者の合図と横のお友達に動きを合わせるため、周りを意識することができます。

また、前転の準備の姿勢で待つことで普段使わない筋力も

刺激することができるのでおすすめです。

さらに聞く力や語彙力、イメージ力の発達も促せるように、

合図の出し方もだんだん工夫して行ってみましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る