最新情報・コラム

column

クマ歩きのアレンジの一例です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

腕の支持力を育てるクマさん歩きはとても効果的な動きですが、

それだけでは子ども達も飽きてしまい、効果が薄れてしまいます。

今日は、少しアレンジを加えた動きのご紹介です。

2人一組になって、1人はさつまいもになって転がります。

もう1人がその上に覆いかぶさるようにしてクマ歩きをします。

クマさんは常にさつまいもの子の速さや進む方向にあわせて動かなければ、

さつまいもの子を踏んでしまったり、2人が違う方向に進んでしまったりします。

2人とも進行方向を意識しながらお互いの動きにあわせて進みましょう。

自分の動きを人に合わせることは難しいかもしれませんが、

一緒に動くことで相手を見て、だんだん意識できるようにがんばりましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る