最新情報・コラム

column

放課後等デイサービスの運動療育プログラム「ジグザグ走り」で空間認知、方向転換の動きをつけましょう。

私達が普段生活するときには、物や人にぶつからないように歩くために

何気なくいろいろな力を使っています。

空間認知の力や体をうまく動かして方向転換することなど、

瞬時に複数のことを判断して体を動かしています。

このような力を育てるためにも、放課後等デイサービスで

子ども達に運動療育プログラムを提供していきましょう。

 

今日は「ジグザグ走り」のご紹介です。

ホールの中に縄やビニールテープなどでジグザグにコースを作ります。

子ども達は、そのコースから外れないように走ってみましょう。

バランスを取るために手を横に広げると良いです。

コースから外れないように空間認知の力を使い、

コースを曲がるために足先や腹筋などに力を入れて方向転換します。

コースの幅を広くしたり狭くしたりすることで

さらに力の発達が促されるので、コース作りも工夫してみましょう。

周りに、人やぶつかるものがないようにして行いましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る