不安定な足場を歩く遊びで体幹を鍛えましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クマ歩き」のアレンジ遊びのご紹介です。

ヨガマットなどを丸く切った物を複数用意し、
間隔を空けながら床に並べておきます。

このマットの上だけに手をついてクマさん歩きをします。
コースをジグザグにしたり円形にしたりしながら遊びましょう。

次に、ゴムボールを半分に切ったような物を、
同じように並べてコースを作ります。

ボコボコしていて乗るとへこむので、バランスが取りづらくなります。

まずは2本足で歩いてみましょう。
続いてクマさん歩きで挑戦します。

*クマ歩きのことをもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!

この遊びで、体幹を鍛え、空間認知力やバランス力、体のコントロール力などを育てていきましょう。

関連記事:なぜ発達障害(ASD・ADHD)だと体幹が弱い?3つの理由と改善策

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る