最新情報・コラム

column

「すずめの飛び立ち」で、育ちにくい後方感覚を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちの方向感覚は、前後、左右、上下という感覚があります。
これらの方向感覚は、自ら体感していくことで覚えていきます。
しっかり感覚が育っていることで、活動の幅がぐんと広がりますが、
特に育ちにくいのが「後方」の感覚です。
遊びの中に、自分の後ろの空間を意識できるようなものを取り入れ、
いろいろな動きができるように遊んでいきましょう。

運動療育プログラム「すずめの飛び立ち」をご紹介します。
鉄棒につかまって飛び乗ったら、肘を伸ばして前を向き、
足は揃えてまっすぐ伸ばしたすずめさんになります。

ここから足を前後に振って反動をつけ、タイミング良く手を離して
後ろにジャンプします。
着地の時に体を止められるようにしていきましょう。

何度かやって慣れてきたら、できるだけ大きく跳べるようにしたり、
後ろに何色かのテープを貼っておいて、
着地位置を自分で決めてから跳ぶようにしたりしながら、
後方への感覚をしっかりつかんでいけるように遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る