最新情報・コラム

column

全身を連動させた動きで体のコントロール力を上げていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「片足クマで進んで足打ち」のご紹介です。

スタートラインから少し離れたところにマットを敷いておきます。
子どもは片足クマの動きで進んでいき、マットに着いたら足を上げて
1~2回足裏を打ち合わせます。

手だけをついた状態で腰を浮かせるために、手をパーにしてしっかり体重を支えます。
そして、ジャンプと同時に足を股関節から開いて足の裏で足打ちをします。
上手に足打ちを行なうためには、足を高く上げる必要がありますが、
足を蹴り上げるだけではなかなか高く上がらないので、
体重を下半身から上半身に移動するようにすると良いです。

足をあまり高く上げすぎると勢い余って後ろに倒れてしまうので、
足を上げる高さも調節できるように練習し、必ずマットの上で行いましょう。

この遊びで、体の動きをコントロールする力がしっかり身につきます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る