最新情報・コラム

column

「おつかいゲーム」で記憶の操作力を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「おつかいゲーム」をご紹介します。

指導者が指示した物を取ってくる遊びですが、ただ歩いて取ってくるのではなく、
「カンガルーで緑色の野菜のカードを取って、
帰りはワニ歩きでカードを背中に乗せて帰ってくる」
「クマ歩きで「う」のつく動物のぬいぐるみを持って、
帰りはカンガルーさんで、途中のタンバリンをタッチして帰ってくる」
など、複数の条件を入れた指示を出します。

子どもの段階によって条件の数を調節したり、伝え方に工夫をし、
最初から複雑な条件にしないようにします。
できるものから挑戦し、自信をつけながら遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る