最新情報・コラム

column

「なぞなぞ横跳び(片足ケンケン)」で身体感覚を強く刺激することができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「なぞなぞ横跳び(片足ケンケン)」をご紹介します。

床に赤と黄色などの2本の縄や線を引き、子どもはその2本の間に入り片足立ちになります。
そして、指示された方の縄を横跳びで跳びます。
話を聞く時も、跳ぶ時も片足立ちで行なうので、強い足の踏ん張り力や腹筋背筋が必要です。
そして、腕を振ってジャンプし、着地と同時に全身のバランスをとります。

色を指定する時には、慣れるまでは「赤」「黄色」と色を伝え、徐々に
「バナナの色」「黄色じゃない方」「白い縄(無い色)」
「先生が指差した方」「窓の方の縄」など、いろいろな言い回しで行い、
語彙力やイメージ力も養えるように遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る