最新情報・コラム

column

「焼いもごろごろ」で全身の先まで意識を行き届かせて遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「焼いもごろごろ」をご紹介します。

マットを縦につなげて並べたら、マットの端で仰向けに寝転がり
両手両足をまっすぐ上下に伸ばします。
目線は顎を開いて手の方を見るようにし、横向きにごろごろ転がります。

まっすぐスムーズに進んでいくためには、手足、体が曲がらないように
全身に意識を行き届かせる必要があります。
体をまっすぐにするには腹筋背筋を使うので、
姿勢保持などに必要な力がつきます。

慣れてきたらコースに傾斜をつけるなどの変化を加えたり、
友達と手をつないで一緒に転がる、クマ歩きの友達の下に入って転がるなど
いろいろな遊び方で遊びこんでいくことが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る