最新情報・コラム

column

「後ろ向きクマで宝取りゲーム」で普段しない動きで遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「後ろ向きクマで宝取りゲーム」をご紹介します。

まず、床にはたくさんのカップなどをばらまいておきます。

子どもは後ろ向きのクマさんになり、カップの方へ歩いていきます。

そして好きなカップを1つ拾ったら、立ち上がってゴールに置いてある宝箱に入れます。

 

後ろ向きに歩くことで普段使わない筋肉を刺激することができ、

バランスのとり方も変わるので体幹の力も鍛えることができます。

そして後方への空間認知も高まるので、安全に配慮しながら繰り返し遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る