最新情報・コラム

column

「手なしゆりかご起き」で体幹の力を強く養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「手なしゆりかご」をご紹介します。

体操座りをしたら、背中を丸めて顎を引き後ろに転がります。

そしたら足を伸ばして反動を活かして起き上がります。

 

起き上がるときに手を足から離して前に突き出すようにすると楽ですが、

力がついてきた子は手を足から離さないようにして行なってみましょう。

反対に、まだ腹筋が十分でない場合は後ろに転がったときに後頭部を打ったり、

足を伸ばしたときに維持できずにかかとを打ったりすることがあります。

慣れるまではマットの上の安全なところで行なうようにし、

しっかりと腹筋を育てながらステップアップを目指していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る