最新情報・コラム

column

「足閉じウシガエル」で足の動きをコントロールできるようにしましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足閉じウシガエル」のご紹介です。

通常のウシガエルは手を中にそろえて付き、足は外側に大きく開いて跳びますが、

これを反対にして、手は外側に開いてつき、足は閉じて膝を抱え込むように

手の間に入れながら進んで行きます。

足を出すときに下を向いて足を見てしまうと、膝を顎にぶつけてしまうので

必ず顔は前に向けて行なうようにしましょう。

 

通常のウシガエルよりも腕にかかる負荷が増えるので

体を支える支持力を強く育てることができます。

そして、手の間に足を入れるという少し難しい動作を行なうことで

鉄棒で足を振ったり、前回りを連続で行なうときの足のコントロールに役立ちます。

慣れてきたら、アレンジを加えながら遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る