最新情報・コラム

column

認知力を高める積み木拾いつなわたりです。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム 「つなわたり(積み木拾いしながら)」のご紹介です。
まずは大縄を床にクネクネになるように置き、周りに積み木をばらまきます。
積み木は、つなわたりをしながら手の届く範囲に置くようにしましょう。

子どもは1人ずつ、つなわたりをしながら指示された色や形の積み木を拾います。
積み木を拾う時もつなから落ちないようにバランスをとりながらしゃがむので、
さらに強いバランス力や足の指先の力が育ちます。
そして、拾う積み木の指示を覚えておいて実行することや、
色や形をイメージして行なうことなどで能力アップを目指します。

指示の出し方を少しずつ工夫していき、力の発達を促しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る