最新情報・コラム

column

「ハチハチゲーム」で社会性を高め臨機応変に動く力を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ハチハチゲーム」をご紹介します。

指導者が「ハチ」になり、子ども達を追いかける遊びです。
鬼ごっこのような遊びですが、違うのは「安全地帯」を設置することです。
離れたところにマットを敷いて安全地帯を作っておき、
子どもはそこに入ればハチにつかまることはありません。

自分も相手も動いている中で、ハチの位置や進路、安全地帯の位置や距離など
複数のことに意識を向けながら、臨機応変に動く力が養われます。
慣れてきたら色の違うマットを用意し、逃げるマットの色を指定したり、
子ども達がハチを捕まえに行ったり、遊び方を工夫していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る