最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ADHD

発達障害児の子育てでは親の適切な関わりがとても大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD、ASDなど発達障害を持つ子どもの子育てには、 発達障害のない子どもの子育てとは また違った悩みやストレス、不安があります。 ご両親がそうした不安やストレスから余裕がなくなってしまうと、 子どもの行動を冷静に受け […]

続きを読む

運動が苦手なアスペルガー症候群でも運動療育で改善できます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群を含むASDなどの発達障害の子ども達は、 動きがぎこちなかったり、体のバランスを取るのが苦手なことがあります。 ボディーイメージが弱く、体の部分が今どこにどんな形であって、 どんな動きをしているかなどの […]

続きを読む

生活リズムを崩しやすい発達障害児。睡眠障害にも注意が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、定型発達の子ども達に比べて 生活リズムを崩しやすい傾向にあります。 睡眠不足は自律神経の不調などから健康を損ねてしまうことに つながるので、生活リズムを整えることも大切です。 こどもプラスの放課 […]

続きを読む

まだ誤解の多い発達障害の子ども達を療育で支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」という言葉は、最近はかなり一般的に知られる言葉になりましたが、 まだまだ誤解が多いことも現状では多くあります。 よくかんしゃくを起こしたり、感覚過敏で苦手なものが多かったりすると、 「わがまま」「育て方が悪い […]

続きを読む

発達障害の子ども達の自己肯定感を高めることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害がある子ども達は、どうしても周囲から注意や叱責を受けることが多く、 自己肯定感を下げてしまいがちです。 それが続くと不登校や引きこもり、うつ病や対人恐怖症など 様々な二次的な障害を引き起こしてしまいます。 ASD […]

続きを読む

得意なこと苦手なことの差が大きい発達障害児。苦手な理由の見極めが重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害など障害を抱えている子ども達は、 他の子達と比べて、得意なことと苦手なことの差が大きく開いています。 苦手なことに対しては、もちろん支援しながら能力を伸ばしていきたいのですが、 得意なこと、好きなことを伸ばすこと […]

続きを読む

ASD,ADHDの子どもでは体幹の弱さが目立つことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDの子ども達には、体幹の筋力の弱さが目立つことがあります。 体幹が弱いと、じっとしていられないので多動になったり、 姿勢保持が難しい、疲れやすいといった影響もあります。 少しずつで良いので、力をつけていける […]

続きを読む

発達障害から不登校や二次的な障害につなげないために。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害での症状や特性を周囲が理解していない状態だったり、 療育などの対処を何も行なっていない場合では、 そこから二次的な障害へつながっていってしまうことが多くなります。 それは不登校やパニック障害、うつ病など様々な形で […]

続きを読む

発達性協調運動障害を併発していることもある発達障害児。療育で支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、発達性協調運動障害を併発している子も多く、 手と足、手と目、右手と左手など1つ1つの動きを 同時に行なうのが極端に苦手なことがあります。 そのため、ボール投げや縄跳び、自転車に乗るような大きな […]

続きを読む

ADHDが不登校の原因になることもあるので支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD(注意欠如/多動性障害)は、 気が散りやすく集中力が続かない「不注意」、 落ち着きが無くじっとしていられない「多動性」、 考えずに行動に移してしまう「衝動性」、 の3つの症状が特徴の発達障害です。 知的な遅れはあ […]

続きを読む