最新情報・コラム

column

まだ誤解の多い発達障害の子ども達を療育で支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」という言葉は、最近はかなり一般的に知られる言葉になりましたが、
まだまだ誤解が多いことも現状では多くあります。
よくかんしゃくを起こしたり、感覚過敏で苦手なものが多かったりすると、
「わがまま」「育て方が悪い」などの誤解を受けることもあるようです。

障害のある子ども達のためには、正しい理解と適切な対応が何よりも大切です。
そして、早期の療育による支援・サポートをしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する運動療育プログラムから
「富士山」遊びをご紹介します。
子ども達は2人ペアになり、向かい合って体操座りをします。
両手をつないで足裏を合わせたら、ゆっくり足を上に上げていきます。
膝を伸ばしてできるだけ高い富士山が作れるように挑戦しましょう。

腹筋や下半身の筋力が育つだけでなく、相手とタイミングを合わせる
社会性も養われる遊びです。
相手を意識しながらできるように繰り返しやってみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る