最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:特別支援学級

「できること」が増えるサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」の認知度は、少し前と比べても 格段に上がってきています。 それでもまだ、「発達障害」という言葉を 発達が気になる子やいわゆる問題行動を起こす子の レッテル貼りの言葉として使っている人もいます。 問題行動や困っ […]

続きを読む

睡眠障害の併発が発達障害症状悪化にもつながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDのある子ども達の中には、 睡眠障害を合併している子がとても多くいます。 寝つきが悪かったり、眠りが浅く夜中に何度も 目がさめてしまうことで慢性的な睡眠不足に なってしまいます。 そうすると、すぐにイライラ […]

続きを読む

成長を促し心の支えになる周囲のサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、同年代の子ども達に比べて できないことや苦手なことが多くあります。 そんな毎日の中で、できない自分にイライラしたり 友達と比べて劣等感を感じたりして、 何かやりたいことがあっても最初から諦めてし […]

続きを読む

療育で将来の生きる力を育てていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム 

発達障害と診断されている子ども達も、 グレーゾーンの子ども達も、 持っている特性や症状の程度は様々です。 そのため、中にはその困り感が周囲からはなかなか わかりにくかったり、困り事はあるものの 常に家族や先生、友達など周 […]

続きを読む

スキル習得には日々の積み重ねが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は、生まれてからの毎日の生活の中で 様々な経験を積み重ねながら成長していきます。 しかし発達が気になる子ども達の場合、 日常生活を送る中で自然に身に付けていけない力があり、 それに対しては意識的に大人が働きかけて […]

続きを読む

生活に支障をきたす特徴であれば支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害やグレーゾーンの子ども達の特徴を見ると、 少なからず誰もが何かしらの傾向を持っていると 言えるのではないでしょうか。 こうでないとダメというこだわりがあったり、 好きなことを始めると、何もかも忘れて 没頭してしま […]

続きを読む

子どもの行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや偏りのある子ども達と接していると、 一見理解しがたいような行動をとることがよくあります。 それは、こちらからすると突飛で「なぜ?」と 思うようなことかもしれませんが、 子ども自身にしてみれば必ず何かしらの理由 […]

続きを読む

子ども達の内面のケアも大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達はイライラを感じやすく、 それがパニックやかんしゃく、自傷行為や他害行為などの 問題行動の原因になってしまうことが多くあります。 イライラを感じやすいのは、脳の特性による感情コントロールの 苦手さに […]

続きを読む

子どもの行動をプラスに捉えたくさん褒めてあげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

育児の中では、「子どもをたくさん褒めましょう」と いうことがよく言われます。 確かに子ども達にとって褒められることは 成長の糧になる大事な要素ですが、 やはり日常の中ではどうしても できていない部分に目がいきがちかもしれ […]

続きを読む

運動療育が認知機能も高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや凹凸のある子ども達には、 生活面・学習面の向上のために認知機能を高める 働きかけが大切です。 そして認知機能を高めるのに最も効果的なのが 習慣的な運動と言われています。 私たちの教室で提供している運動療育プロ […]

続きを読む