最新情報・コラム

column

成長を促し心の支えになる周囲のサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、同年代の子ども達に比べて
できないことや苦手なことが多くあります。
そんな毎日の中で、できない自分にイライラしたり
友達と比べて劣等感を感じたりして、
何かやりたいことがあっても最初から諦めてしまったり
することもあると思います。

しかし、諦めずに時間をかけて少しずつステップアップを
目指したり、やり方を工夫したりすることで
できるようになることもたくさんあります。
そのためには、心の支えになったり、
一緒に頑張ってくれるような周囲の人のサポートが大切です。

誰でも、うまくいかないことが続いたり
頑張ってもなかなか成果がでないことばかりでは
落ち込んだり投げ出してしまいたくなるものです。
子ども達が安心して自信を持って挑戦しながら、
成長していけるようにしっかりとその子に合ったサポートを
していくことが大事ですね。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「跳び箱飛び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の低い跳び箱を複数用意し、
少し間を空けながら並べます。
そして、その上をジャンプしながら渡っていきます。

高さに対して不安があると、足元にばかり意識が
いって下を向いてしまいがちですが、
目線が下がると姿勢が崩れて落ちやすくなってしまいます。
目線は足元と数メートル前を交互に見ながら、
できるだけ背すじを伸ばして、
ゆっくりで良いので1つ1つのジャンプを
丁寧に行うようにします。

そうすることで、勢いだけで進むのと比べて
しっかりと足の踏ん張る力や腹筋背筋、
身体コントロール力などを育てることができます。

慣れてきたら、跳び箱同士の距離を少し広げてみたり
他の動きとつなげてみたりしながら、
楽しくいろいろな力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る